出金拒否に注意!海外FXのボーナスで両建て取引はできない

出金拒否に注意!海外FXのボーナスで両建て取引はできないのアイキャッチ画像

海外FXが提供するボーナス

海外FXが提供するボーナスの画像

現在では、様々な海外FX会社が乱立しています。トレーダーの方は、どこの海外FX会社が良いのか非常に迷われるのではないでしょうか。

ここでは、海外FX会社をどこにするのか決めるにあたって参考となるべく、各海外FX会社のボーナスについてご紹介したいと思います。

GEMFOREX

日本では2014年から運営を開始したGEMFOREXのボーナスは海外FX会社を見渡しても非常に大きく、日本国内でのトレーダーが利用している実績についても非常に多いことから信頼されている会社の1つです。

GEMFOREXを経営している方が日本人であることから、日本人に対してのサポートとして、メールや電話による日本語サポートが確保されていることも大きなメリットで、万全のサポート体制が確保されていると言っても過言ではないでしょう。

GEMFOREXでは、随時開催しているボーナスと不定期に開催しているボーナスがあります。また、抽選によってボーナスが発生するような仕組みのものもあります。

日単位で抽選を実施してくれますので、日々トレーダーを飽きさせないような仕組みとなっています。

ボーナスとしては、口座開設ボーナスがあります。
通常は5,000円となっており、キャンペーン開催時では10,000円~30,000円に程度に変動します。

このボーナスにより、未入金トレードが可能となっています。
そして、この未入金トレードにより出た利益分については出金可能となっているのもうれしい要素です。

次に、入金ボーナスです。
このボーナスは、入金額の100%与えられるものです。

上限は最大500万円などとなっています。
つまり、仮に100万円を入金すければ、ボーナスで+100万円もらえるため、口座には合計200万円が入金されることになります。

なお、キャンペーン期間中において抽選により当たるたびに、何度入金しても入金ボーナスが与えられる仕組みとなっています。
キャンペーン期間中は、是非とも見逃さないようにしてください。

次は、GEMFOREXの独自のボーナスとなります。
随時ではないのですが、不定期キャンペーンによりMacBookやNintendo Switchなどの家電系の商品であったり、または海外旅行などが当たったりと言ったキャンペーンが開催されたこともあります。

さらにお友達紹介キャンペーンなどもあり、これに該当すると1名紹介につき100%入金ボーナスチケットが与えられたりします。

また、他のFX会社から乗り換えキャンペーンとして、他のFX会社の強制決済分の損失をGEMFOREXが補填してくれると言ったものです。

お得なキャンペーンも多数実施されていますので、是非とも利用してみてください。

XM

XMは2009年に営業を開始しています。
イギリスの経済誌であるWorld Financeのアワードで、ベストFXブローカー賞を受賞したこともあるような、非常に信頼性の高い海外FX会社と言えるでしょう。

ボーナスとしては、口座開設ボーナスが新規口座開設において3,000円のボーナスが与えられます。

ボーナス額はGEMFOREXと比べてやや低めに設定されていますが、未入金でのトレードができるため、気軽にお試し感覚ではじめることができます。
その際に、利益分のみ出金が可能となっています。

次に、入金ボーナスです。

現在は常時ボーナスが開催されており、ここでは入金額に応じて2段階のボーナスが発生します。

最初の入金では100%がボーナスとして与えられます。なお、最大ボーナスは500$までとなっていますのでご注意ください。

2回目以降の入金ボーナスは、入金額の20%となっています。なお、ここでも最大4,500$までとなっていますので、ご注意ください。

次に、XMの独自ボーナスについてです。
ここでは、特定のイベント時やゴールデンウイークなどの行事に関連する季節の特別ボーナスがあります。

これらは、期間限定で年数回において開催されるキャンペーンとなっています。

このように、各海外FX会社で実施されている主たるボーナスは、「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「独自ボーナス」となっています。

出金拒否とボーナスの関係性

出金拒否とボーナスの関係性の画像

海外FXでは、取引の手法そのものが禁止にされている場合があります。

この規則を破ってしまうと、FX会社より出金拒否などをされることがありますので、注意してください。

他口座間での両建て

同一口座内での両建は問題ありませんが、自分が保有する別の口座間で両建てするとこや、他のFX会社との両建ては禁止となっています。

その理由は、日本のFX会社では採用されておらず、海外FX業者が採用しているゼロカットシステムにあります。

ゼロカットとは、取引の結果、自己資金額以上に負けが立て込んでしまってマイナスになってしまったとしても、FX会社がその自己資金以上にマイナスとなってしまった部分を補填してくれるというシステムです。

これのシステムは、日本国内では個人の負債をFX会社が補てんすることは法律で禁じられているため、採用できないシステムとなっています。

しかし、他の口座間での両建てをすると、このFX会社が採用しているゼロカットシステムを悪い方向に利用したトレードが可能となってしまいます。

例えば、値動きの変動が激しくなる傾向が強い雇用統計を公表するときなどにおいて、2つの異なる口座で両建てをする場合を想定します。

仮に、値動きが非常に激しく変動した結果、一気にレートが動くと仮定しましょう。
一つの口座はロスカットが間に合わずゼロカットの対象になるとします。

逆に反対売買をしているもう一つの口座では、大きく利益を出すことができたとします。

トレーダーはゼロカットシステムの恩恵を受けることにより追証がありません。
入金額分のみがなくなってしまうことでトレーダーの損失は抑えられますが、トレーダーの自己資金額以上に膨らんでしまった損失はFX会社が負担するとここなります。

そのため、ゼロカットシステムの悪い方向での利用となるようなトレードは禁止されているのです。

指標発表や、いわゆる窓開けを利用したハイレバトレード

雇用統計やFOMCなど、様々な政治的や経済的な背景を要因とした事象により、レートが急激に変動することがあります。

また、土曜日や日曜日に開催される政治や経済のイベントの状況が影響することにより、月曜日の開場時に激しくレートが動いた状態で開始されることがあります。この事象を窓開けと呼んでいます。

レートが急激に変動することを利用した取引は、非常にギャンブル的な要素が高い取引となっています。

このようなギャンブル的要素の強いときに、海外FX会社で設定されているハイレバレッジを利用したトレードを実施すると、プラス側の利益が出ればかなりの額を稼ぐことができますが、マイナス側の損失も膨大な額となる可能性を秘めています。

しかし、マイナス側の損失はトレーダーにとって自己資金額以上の損失を出さないためのゼロカットシステムがありますので、自己資金額にいリスクコントロールできるため、あまりリスクとは言えません。

このハイレバレッジを利用したトレードを行うことによりマイナス側の損失リスクを抱えることになるのは、トレーダーの損失を補てんしなければいけないFX会社となるのです。

このように、ゼロカットシステムの故意な濫用とみなされるため、禁止されているのです。

悪意はなくても行ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

ボーナスの悪用

海外FX会社では、様々なボーナス特典を展開していて、トレーダーにとっては非常にうれしい制度と言えます。

しかし、当たり前の話ですが口座開設ボーナスなどであれば最初1回のみが適用されます。
また、入金ボーナスなどであれば、ボーナスの残高のみが受け取れるシステムとなっています。

これを他人になりすまして、何度もボーナスを受け取ることは、間違いなく不正となりますので禁止されています。

また、不適正な両建てを行った結果、ボーナス相当額のみを引き出すことも禁止されています。

裁定取引(アービトラージ)

FXの業界において、為替のレートは各会社によってに若干異なる仕組みとなっています。

この会社間のレートの違いを利用した取引のことを裁定取引(アービトラージ)と称しています。このような裁定取引についても禁止対象となっています。

以上のような取引は禁止されていることから、発覚すると出金拒否ともなりかねますので、ご注意頂ければと思います。

ボーナスを提供している海外FX業者は基本的に両建てできない

ボーナスを提供している海外FX業者は基本的に両建てできないの画像

両建てとは

FX会社における両建ての概念とは、「買い」と「売り」の両方のポジションを同時に複数持つことです。

例えば、一個人が2つの異なる口座を保有して、それぞれで同じ通貨ペアを用いて買いポジションと売りポジションを同時に保持している状態です。

このような形で両建てを実施すれば、両建てポジションをして以降については、価格がどれだけ変動したとしても、プラス側の利益とマイナス側の損益が全く同じになりますので、簡単に言うとプラスマイナスゼロの状態を保つことが出来ます。

両建てをするメリットは、長期的に投資をしながら短期的な投資も行えることから両方同時に採用できます。また、決済せずに損益を固定できることから、上手くパターンを想定すると、含み損が利益で終われる可能性があります。

両建てを戦略的に使うことにより、指標発表時等のレートが乱高下する場面が出現した際に、非常に大きく稼げる要素を秘めています。

両建てを禁止する理由

一見便利に見えるこの両建てですが、FX会社ではこれを禁止している場合があります。

それは、多くの海外FX会社が採用している追証の発生しないゼロカットシステムが構築されているからです。

両建てしている2つのポジションの内、マイナス側の損益が出た方を想像してみてください。

トレーダーは、ゼロカットシステムのおかげで自己資金額以上のマイナスは発生しませんが、ゼロカットシステムを構築しているFX会社では、そのマイナス側の損失分を負担する必要があります。

このようにFX会社への損失が発生する可能性が極めて高いことから、両建て取引を禁止しています。

両建てを認めている海外FX業者もある

両建てを認めている海外FX業者もあるの画像

両建てをほとんどの海外FX会社が禁止していると思われるかもしれませんが、実際にはそうでないところもあります。

ここでは、パターンによっては両建てを禁止していない海外FX会社についてご紹介したいと思います。

両建てができる海外FX業者一覧

海外FX業者名ボーナスの有無同一口座による両建て複数口座による両建て別業者による両建て
XM・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤルティプログラム
××
iForex・入金ボーナス+3%利息××
TitanFX×
FBS・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・キャッシュバックボーナス
×
Axiory×
Tradeview×

このように、ボーナスが手厚く確保されており且つロスカット水準が低い会社では、複数の口座での両建てや別業者の間での両建を禁止していることが多いです。

また、くれぐれもご注意頂きたいのは、海外FX会社で採用されているハイレバレッジを利用したことによるゼロカットシステム発動を故意に狙った両建ては禁止されています。

ルールを理解し出金拒否にならないようにしよう

ルールを理解し出金拒否にならないようにしようの画像
両建ては、使い方によっては非常に便利な手法となっています。

両建てを実施する非常に大きなのメリットは、同一通貨ペア内において何パターンかの作戦を立案することが可能となる点です。

長期的な投資と短期的な投資を並行的にに実施することは非常に使い勝手の良い手法と言えるでしょう。

また、このような使い方以外にも多種多様な注文方法と合体させることにより、マイナス側に発生する損失を回避することや、指標発表時等において非常に戦略的に熟考して利益をだすことも可能となるでしょう。

しかし、便利な両建てと言えど、使い方によっては毒にも薬にもなると言えるでしょう。

前述しているように、ほとんどの海外FX会社では異なる口座を用いた両建ては原則禁止としています。

また、トレーダーのマイナス側の損益をなかったことにしてくれるゼロカットシステムの故意的な使用を彷彿とさせるようなハイレバレッジでの取引をしていると、口座を凍結されるうえに出金拒否となってしまうリスクもあります。

両建てに関する注意事項をきちんと認識して頂いて、出金拒否されないようにして頂きながら、海外FX会社での取引をして頂きますようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です